スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

8耐へ行こう!その1

今年30回目を迎える鈴鹿8時間耐久ロードレース。

今年も熱い戦いが繰り広げられそうですがじぇろにも。が今年の見所を紹介していきます~。

では続きは下をポチッとやってくださいな~。

ブログを書くならBlogWrite

まずはマシンから~。1000ccのスーパースポーツバイクを改造したバイクになります。改造範囲で4つのカテゴリーに分かれます。

その4つのカテゴリーですが世界選手権参戦チームがSBK、SPP、SSTの3クラスで、それ以外のチームはJSBクラスで参戦しなければならない事になりました。

と、ここで疑問が発生しますね~。エントリーリストを見ると昨年優勝のTSRチームがSBKクラスでの参戦となっていますね~。何故SBKクラスなのか?

それにはからくりがあってSBKで参戦する為の条件があって、それが「世界選手権の年間参戦又は世界選手権でのポイント獲得チーム」と言う条件、この条件をクリアする為にTSRチームは5月に行われた第2戦のスペインのアルバセテ6時間に参戦し見事6位入賞、8耐へのSBKクラスでの参戦権を手に入れたってなワケ。

何故にそんなにSBKクラスにこだわるのか?それはJSBクラスよりもSBKクラスの方が改造範囲が広く速いマシンを作りやすいからで、プライベーターであるTSRチームはより有利なマシンで参戦を果たして2連覇を狙っているのであ~る。そんなこんなで各チームのいろんな思惑が絡んで参戦カテゴリーが決定されているのですね~。

参戦バイクメーカーは日本のホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキ、海外からはドゥカティの5メーカー、タイヤはブリジストン、ミシュラン、ダンロップ、ピレリの4メーカーが参戦、ライダーも日本人のトップライダーを中心に海外からもトップライダーが参戦し8時間後のチェッカーフラッグを目指します。

と、ここまで入門編でした~。それでは明日は参戦チームやライダーについて書いていきます~。お楽しみに~。

 

スポンサーサイト
21 : 49 : 12 | モタスポ。 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<8耐へ行こう!その2。 | ホーム | いよいよ8耐!!>>
コメント

へぇ!へぇ!へぇ!
カテゴリー別、それにより規定が変わる事も知りませんでした。。。

バイクレースって本当に日本のメーカー主体ですよね。
でも欧州人の方がカワサキとかヤマハに敬意を持ってたりするんですよねぇ。
もっともっと国内で盛り上がって欲しいって思います。

とか言いつつ、今年もワークスではなくTSRイトシンさんの意地の走りを期待します!
by: hm_ato * 2007/07/25 02:15 * URL [ 編集] | page top↑

>atoさん
予習復習がんばって~!
色々わかるともっと面白くなるよ~。

日本のバイクメーカーは世界一ですから~。8耐ももっともっとチカラ入れてがつがつ戦ってほしいのです。

ちなみにじぇろ。もTSRのファンだす。イトシンがんばれ~!
by: じぇろにも。 * 2007/07/25 12:45 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://jelog.blog68.fc2.com/tb.php/276-8d9e6a90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

じぇろにも。

Author:じぇろにも。
鈴鹿市在住、つーかモタスポが好きで引っ越しちゃった~。
妻一人と子一人を持つピチピチの30代です。
最近このブログじぇろ。の物欲日記になってます。(笑)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

F1ニュース。

月別アーカイブ

amazon

<LINK>



ほっとけない 世界のまずしさ



あわせて読みたい

タブブラウザ Sleipnir 公式ページ(上級者向け)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。